ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

船舶免許取得の要点と気をつけたいところ

船舶免許は講習に学科だけでなく実技がありますから、必然的に免許取得ができる場所は海などの近くとなります。海がある地域なら少なくとも1つは船舶教習所が存在するはずですし、講習を受けてその場で実技に臨むことができます。国家試験の免除が受けられる教習所であれば、しっかりと講習を受ければ船舶免許の取得が実現します。等級にもよりますが、日程が数日に及んだり10万円以上の費用が掛かることもあるので、時間とお金を無駄にしないように気をつけたいところです。

教習所自体は船舶免許の取得に集中できる環境が整っていますが、メンタル面は自分次第ですし、他のことに気を取られないように前もってしっかり準備をしておくべきです。船舶免許の講習は30問以上の出題に答えたり、実技をクリアしてようやく免許の交付が認められます。合格率は90%台と非常に高水準ですから、真面目に取り組めば誰でも学科をクリアできますし、実技も難なくこなせるはずです。船舶免許のハードルになりやすいのは、意外にも講習や試験よりも身体検査で、検査で問題が見つかるとそれが取得の妨げになります。

視力や聴力に問題がなくて自信がある人でも、色覚異常が見つかって免許取得のハードルが上がることがあります。身体障害も当然ながら船舶の操船に支障をきたすほどだと、実技がクリアできなくて免許の交付が認められないことになり得るので注意が必要です。疾病も操船に影響すると判断されると資格取得に響きますから、持病があるならまずは治療を優先した方が良いこともあると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です