ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

取得して良かったと感じられる船舶免許

船舶免許は海に出て活動する資格がもらえる免許で、船舶の操縦と航行区域での活動が認められる優れた国家資格です。国家資格なので知名度が高く、資格を持っている人は相応の尊敬を集めるので、船舶免許を持っている人は少し鼻が高くなります。2級は車でいうところの普通自動車免許にあたるので、上位の1級ともなればかなり自信が持てますし、海や船に関する知識も自慢になるはずです。船長は船の扱いや航行の全てに責任を伴いますから、常に注意を怠らないことが求められますが、安全が確認できる場所での活動は自由です。

また船の上はある意味でプライベート空間ですから、船舶免許を持っていると陸地以外で自分だけの空間を得ることができます。船舶免許は釣り好きに特におすすめの免許で、2級を取得すれば大幅に挑戦できる釣りスポットが増えます。本格的な船釣りなら1級の方が良いですが、2級でも十分にこの免許の魅力というものが味わえます。ちなみに、ジェットスキーや水上バイクの操縦には特殊小型船舶免許が必要なので、1級や2級を持っている人も追加で免許を取得することになります。

1級に下位の資格が全て含まれているわけではないことには注意ですが、特殊小型の取得は難しくありませんし、上位の資格を持っている人なら朝飯前です。操縦できる船舶に制限はあるものの、自分の好きな船舶を選び、出発したいタイミングで海に出られるのは魅力ですし、ルートも自由に決められるので思う存分楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です