ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

船舶免許とはどのような資格か

船舶免許は、正式名称を小型船舶操縦士免許と言う国家資格で、ボート免許とも呼ばれます。エンジンのついたボートやヨット、そして水上オートバイ(水上バイク)を運転する際に必要となる資格です。船舶免許には、一級小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士免許、二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)免許、特殊小型船舶操縦士免許の四種類があります。一級小型船舶操縦士免許は、小型船舶で操縦できる範囲は無制限ですが、沿岸区域の外側80海里(約150キロメートル)以遠を航行する際は六級海技士(期間)の資格を持つ者を乗り組ませなければなりません。

二級小型船舶操縦士免許は、小型船舶で、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域を操縦できます。なお、年齢が18歳未満の方は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。湖川小出力限定免許だと、湖や川だけに利用する総トン数5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船を操縦できます。

特殊小型船舶操縦士免許は、水上オートバイを操縦するために必要な免許です。湖岸や海岸から2海里(約3.7キロメートル)までの水域を操縦できます。船舶免許を取得するには、「受験コース」と「教習コース」の二つの方法があります。受験コースは、直接小型船舶操縦士国家試験を受験する方法で、小型船舶の知識がある人や、短期間で免許を取得したい人に向いているコースです。

教習コースは、登録小型船舶教習所で一定期間講習を受講した後、国家試験と同等の内容の学科及び実技修了試験を受験する方法で、合格すると国家試験の学科と実技が免除されます。教習コースは、しっかり知識を身につけたい人に向いているコースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です