ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

今とても人気があるのが小型船舶免許

小型船舶免許というと、タモリさんや加山雄三さんや大野君も持っている事で知られていますし、テレビでも特集されていた時もありました。自由に海を走って釣りをしたり、男のロマンも感じられる場面というのもあるでしょう。それは富裕層の楽しみ方というのも間違いではありませんし、現に船舶を購入するとなるとかなり費用がかかります。自分で所有するとなると経済的な余裕もなければなりませんが、レンタルという方法もありますので操縦に兎に角興味がある方はまず小型船舶免許を取得していきましょう。

1級と2級と小型船舶免許がありますが、最初には2級から始める方が多いです。しかし2級の場合はどこまで行けるかという海里が1級よりも近場ですので、行きたいところまで行けないということも出てきます。試験内容も1級の方が難易度も高いですので、2級からスタートする方の方が圧倒的に多いのは事実です。しかし将来の事を考えて、どちらにしても1級を受けるということであれば、最初から1級に挑戦することもなしではありません。

実際に最初に1級に挑戦して合格してしまったという方もいますし、出来ないわけではないということです。もし穂状バイクにも興味があるということであれば、オプションなどでつけて一緒に取得することも出来る教習所が多いです。1級の小型船舶免許を取得しても水上バイクの操縦は出来ませんので、気になるようであれば一緒に取得することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です