ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

船舶免許は更新を忘れないことが大事

小型船舶に関する船舶免許は、交付されてから5年間の有効期限が設けられているので、更新を忘れると無効になってしまいます。更新は有効期限が満了する日の1年前から可能なので、早めに更新手続きを済ませるように心掛けたいところです。船舶免許そのものは終身有効となっていますが、更新せずに有効期限を過ぎてしまうと、小型船舶に船長としての乗船が不可能になるので要注意です。有効期限切れに気が付かずにうっかり小型船舶を操船すれば、処罰されることになるので気をつける必要があります。

船舶免許の更新は講習を受ければ済みますから、初めて試験に挑戦する場合に比べれば楽です。船舶免許は万が一失効してしまっても、失効再交付講習を受講すれば再び免許が有効になります。つまり、免許を必要とする予定がない場合はあえて失効させることができますし、失効しても再交付が受けられるので問題はないわけです。勿論、失効中は船舶免許が無効な状態ですから、急に船長を任せられることがあっても引き受けられないです。

免許を維持するかどうかは本人の判断次第ですが、失効再交付講習は更新よりも日数と費用が掛かるので、その点が判断の材料になりそうです。更新に要する時間は最短1時間程度で費用は1万円が目安ですから、失効再交付の手間やコストを考えれば、難しく考えずに更新した方が良いです。やはり海に出ることもある船舶の免許なので、有効期限があるのは当然ですし、定期的な知識識や技術の確認は安全確保に不可欠ですから、面倒くさがらずに更新することが大事です。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です