ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

ジェットスキー免許を取ってマリンレジャーを楽しもう

普通自動車免許を持っていれば原動機付自転車も運転可能ですが、ジェットスキーの場合はそうはいきません。1級や2級の小型船舶免許を持っている人であっても、ジェットスキーを運転しようと思った場合は改めてジェットスキー免許を取得しなければなりません。ジェットスキー免許は正式名称を特殊小型船舶免許といい、全国の船舶教習所などで講習を受講した後に国家試験に合格すれば免許を取得することが出来ます。また、自動車免許と同じく国土交通省指定の教習所であれば修了試験のみで免許を取得することが可能です。

ジェットスキー免許では実技と学科を学びます。実技講習では実際のジェットスキーを使って操縦技術を身につける他、ロープワークや点検方法などについても指導を受けます。一方の学科講習では、海の乗り物に関するルール全般やジェットスキーを操縦する上で知っておきたいルールやマナーなどについて学びます。ジェットスキーには1人乗りから4人乗りまであるため、操縦席に座らないのであれば免許は不要です。

ですが一人乗りのタイプを操縦したい場合や人を乗せて走りたい場合は必ず免許を取得しなければなりません。ですが、教習期間は2日程度と比較的短く、合格率も高いので普通に講習を受ければ高い確率での免許取得を期待することは可能です。もちろん不合格になる人もいますが、その多くが学科試験で不合格となっているため、心配な方は独学で勉強しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です