ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

ジェットスキー免許の取得方法

南の島に行ってジェットスキーで海の上を駆け抜けたい、と思ったらまずは免許の取得です。ジェットスキーは水上バイクとも呼ばれており、専用の免許を取得した人しか操縦できないルールになっています。ジェットスキー免許の正式名称は特殊小型船舶免許といい、国家資格なので取得には国家試験の合格が必須です。船舶免許にはクルーザーなどが操縦できる小型船舶免許もありますが、この免許ではジェットスキーは操縦できないため注意が必要です。

ジェットスキー免許を取得してジェットスキーの操縦が可能となれば、より一層マリンスポーツを楽しむことが出来るでしょう。ジェットスキー免許の取得には実技試験、学科試験、身体検査に合格しなければなりません。実技試験では実際のジェットスキーを用いて操縦技術などを確認し、点検方法やロープワークなども知っておく必要があります。一方、学科試験では海上交通に関する法律やジェットスキーを操縦する上で守るべきルールなどについての知識を問われます。

そして身体検査では、視力、聴力、色覚検査が行われ一定の基準をクリアすると免許交付となります。講習の受講については一般の教習施設などで行われる講習の他、国土交通省指定の教習所などで受講できるようになっています。指定教習所なら国家試験が免除となるため、講習を受けた施設で行われる修了試験のみで合否を決めることも可能です。講習期間は数時間程度なので1~2日程度の日程で試験を受けることが可能です。

合格したら数週間で免許が交付されるため、手続きを行えばジェットスキーの操縦が可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です