ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

ジェットスキー免許取得の講習

ジェットスキーで海や湖を水しぶきを立てて走るのは、自然と一体となりなんとも爽快ですがジェットスキーに乗るにはジェットスキー免許が必要です。特殊小型船舶操縦士免許受験コースを受講する必要があり、湖岸海岸より2海里かつ発着できる任意の地点から15海里以内の航行区域を走行できます。しかしジェットスキー免許ではボート、ヨットは操縦できずまた自己操縦免許で無資格者は有資格者が同乗していても操縦することはできないです。ジェットスキー免許は16歳から取得でき年数回英語とポルトガル語の講習と試験を実施していて、レギュラーメニューとセルフメニューがあります。

レギュラーメニューは学科講習を半日、実技講習を半日受講し国家試験にのぞむ2日間コースで1日目は半日学科講習で半日実技講習、2日目は国家試験になっています。またセルフメニューは学科を自習して、午前中実技講習午後から国家試験の1日取得コースで学科は事前にお渡しする専用教材で自習しておきます。それから実技はスマートフォンやパソコンで専用サイトにログインして、点検やコース走行の内容を予習しロープは結べるように練習してお越し願います。ジェットスキー免許の講習試験とも水しぶきを浴びるので、濡れてもいい服装と季節によっては寒くないもの濡れてもいい靴またはかかとの固定できるサンダル着替えを用意します。

学科試験は4択式3科目40問で各科目50%以上、合計26問正答で合格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です