ボートを動かすのに必要な船舶免許の取り方について

ジェットスキー免許は取得してからが注意

ジェットスキー免許はスクールに数日通うだけで取得することができるため、手軽に取得することができると考えている人が少なくありません。しかし実際には取得することはできても、安全に操縦する事は非常に難しいためこの点には十分に注意をすることが必要です。ジェットスキーは一般の船舶とは異なり、海岸や湖畔など比較的浅瀬を航行することになるため、海上とは異なる水の流れが生まれることになります。海上では比較的ゆったりと波が動くため様々な姿勢を修正する余裕がありますが、浅瀬の場合には水の反発が急激であるため、姿勢を崩したときにこれを修正するためには高度な技術が必要となり、転覆などの恐れが非常に高いと言う問題があります。

同時に海岸の場合には海水浴客などが近くにいると言うことも多いため、万が一ジェットスキーが暴走した場合には重大な危険が発生する可能性が高くなります。ジェットスキー免許の取得の際にはこのような危険性を講義では何度も注意喚起されることが多いのですが、実際にこのような場合の最適な回避方法を教える事はなく、そのためにこのような危険な状態に陥った時に回避する方法を知らない場合がほとんどです。そのため安易にこのような場所に近寄らないようにすることが最良の方法であり、この点は操縦をする側のモラルに委ねられていることがポイントです。ジェットスキー免許は取得するとマリンスポーツの楽しみ方を変えるものとなるため、多くの人が取得を希望しています。

しかし取得する際には、このような危険性を持っていることを十分に認識し、安全に操縦することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です